小物系

「秘書系」のイメクラで遊ぶ一番の醍醐味は、やはり何といっても自分が社長気分を思う存分味わえるということではないでしょうか。秘書というイメージは正直なところ人それぞれとなります。たとえば、お堅い感じの秘書もいれば、とても接しやすいイメージの明るい秘書など、秘書のイメージというのは人によって変わってくるものなのです。
そのイメージが違ってくると、女性に着てもらうコスチュームというのも変わってくるのです。経営コンサルタント風、丸の内のOL風、恵比寿あたりで見かけるカジュアルなOL風などになります。他のところを挙げるとすれば、銀行員やオペレーター風というものが挙げられてきます。やはり、銀行員というのは信用と安心というものが一番のイメージとなってきます。トレンドと機能美を感じさせるデザインがエッチな妄想を一段と掻き立てられるのではないかと思われます。

オペレーター風に関しても、普段は電話越しでしかイメージができないコスチュームを目の当たりにできるというのは、妄想が現実へと変わる最高のシチュエーションではないでしょうか。こういったコスチューム選び一つでプレイ内容も大いに変わってくるということも、イメクラで遊ぶ最高の醍醐味でもあります。次に、アクセサリーなどの小物系もプレイを最大限に演出できる大きなポイントとなってきます。ネックレスやピアスなどのアクセサリーは、付けたままのプレイとなればその場の勢いでのプレイという妄想に十分な演出となります。逆に、女性から外させることで痴女に近い攻められるプレイというのも楽しめるはずです。
他には、メガネというのも小物系の代表格ではないでしょうか。
メガネが持つアイテムとしての魅力を描くのにも抜かりはなく、メガネ越しに見上げる上目遣いや小首を傾げながらメガネを持ち上げる仕草、髪を掻きあげるようにツルを指で持ち上げる仕草など、メガネに関する仕草の一挙手一投足にメガネ愛が感じられるものなのです。
後、ストッキングも最大限に楽しめる小物系の一つとなります。
たとえば、黒のストッキングというのは足を美しく、さらにエロくも見えるストッキングの一つといえます。
ベージュという色は秘書やOLに関しては王道の色でもあります。
リアルを追求した人には持って来いの色ではないでしょうか。
最後に、網タイツというのも決してなくはありません。
ただただエロさだけを求めている人にとって、この網タイツというのは最高のアイテムの一つとなるのではないでしょうか。

コメントは停止中です。