マニアックなプレイ

有料のオプションで道具を使って遊ぶというのもイメクラ遊びの醍醐味の一つとなります。とはいえ、有料のオプションというのは決して道具だけではないのです。自分自身の性癖が満たされるといった、マニアックなプレイにも有料のオプションが存在しているのです。ですが、このマニアックなプレイというのは女性全てに可能というわけではありません。女性にとってはNGにしているプレイもありますので、そのオプションを利用する際は注意が必要となってきます。では、マニアックなプレイに関する有料のオプションにはどういったプレイが存在してくるのでしょうか。まず、「放尿」というプレイが存在し、放尿プレイとはその名の通り女性におしっこをしてもらうプレイとなります。女性の恥らう姿を見て興奮をするのいいですし、頭から豪快にかけてもらうのも全然問題はありません。中には、そのおしっこを飲むことで興奮を覚える男性も存在してきます。おしっこと一言でいいましても、見る人からすれば女性の陰部から出てくるものとなります。ですので、そのおしっこのことを「聖水」と呼ばれるケースもあるのです。

次に、「夜這いプレイ」というのもあります。寝ていたり、夜の残業中に襲うというプレイは、非日常的であり興奮度もかなり増してくるはずです。相手には自分が見えない、普段では体験できない、といったちょっとしてアクセントとして楽しむ男性も決して少なくはないのです。後、「顔射」や「ごっくん」というのもあります。かわいいものやキレイなものを汚したくなるという気持ちを持つ男性も決して少なくはないでしょう。精子まみれの顔というのは、少なからず興奮する材料の一つとなるのです。ごっくんに関しても、自分の汚い精子を飲んでくれるということ自体、全てを受け入れてもらっているような感覚にもなるものです。さらに、おいしそうに飲んでくれた日にはその女性のことを愛おしく思うに間違いありません。

最後に、「ポラ撮影」というものもあります。
今日の出会いの思い出、今日にプレイの余韻、帰宅後のオナニーの材料、コレクション収集などなど、使う目的は何であれどポラ撮影をして記念に持って帰る男性も中には存在してきます。
顔出しNGの場合はほとんどの女性はOKとしていますが、顔出しOKにまでしているというつわものはほとんどいないといっていいかもしれません。
もし顔出しOKの女性がいれば色々な用途として使い道はありそうな気もします。

道具も使って楽しむ

秘書とのエッチなプレイを楽しむことができるイメクラなのですが、ただただ社長室でエッチなことをするだけでは決してありません。プレイ内容に関しても、自分の思い描いた通りのシチュエーションで楽しむことができるのです。たとえば、社長と秘書とのエッチをするだけの関係に飽きた男性側が、さらにエッチなことを追求したいがためにあらゆる「道具」を使ってプレイを楽しむこともできたりします。とはいえ、この道具に関しては「オプション」として有料で行うプレイとなりますので、懐に余裕があるのでしたら使ってみるのもいいかもしれません。いつもとは違った感覚が味わえることでしょう。その代表格に挙げられる道具に「ローター」というものがあります。定番中の定番であり、このローターというのはシンプルイズベストという言葉が一番当てはまります。
そもそも、ローターを嫌う女性というのもほとんどいませんので、お互いに楽しいプレイが望めるといっても過言ではないはずです。次に、ローターと同じように人気の高い「バイブ」というものもあります。ゴムのように近い感覚の棒状のものは、女性の恥部にかなりフィットされます。グラインドするバイブを挿入すれば、女性も喜ぶこと間違いなしです。
後、「電マ」という女性がほぼ間違いなく絶頂を迎えれる道具もあります。そもそも、本来は肩や腰などの凝りをほぐすために開発された道具の一つになります。マッサージ機であるにも関わらず、いつしかアダルトショップで多く見かけることになった、今では定番のアダルトグッズになるのです。クリトリスから中まで全体へと刺激を与え、女性の潮吹き要因としてとても大活躍する道具となっています。
この電マをさらに進化させた道具に、「まめ電マ」というものがあります。本来の電マよりサイズはかなり極小となりますが、電マに負けも劣らずの威力を発揮するようです。女性の下着に挟み、女性も最初は我慢をし続けるも、最後は股間に当たる振動に負けて絶頂を迎えるというような道具となっています。後、「筆」も女性を喜ばせられる道具の一つとなります。はけで女性の体をこそばせて、ありとあらゆる感じる箇所への攻撃というのはとても感じやすいともされています。今まで知らなかった性感帯を発見できるかもしれませんし、そうとなれば女性との距離も一気に縮まること間違いなしです。
これらの道具というのはオプションで用意されており、安くても1000円~3000円程度で楽しむことができます。

小物系

「秘書系」のイメクラで遊ぶ一番の醍醐味は、やはり何といっても自分が社長気分を思う存分味わえるということではないでしょうか。秘書というイメージは正直なところ人それぞれとなります。たとえば、お堅い感じの秘書もいれば、とても接しやすいイメージの明るい秘書など、秘書のイメージというのは人によって変わってくるものなのです。
そのイメージが違ってくると、女性に着てもらうコスチュームというのも変わってくるのです。経営コンサルタント風、丸の内のOL風、恵比寿あたりで見かけるカジュアルなOL風などになります。他のところを挙げるとすれば、銀行員やオペレーター風というものが挙げられてきます。やはり、銀行員というのは信用と安心というものが一番のイメージとなってきます。トレンドと機能美を感じさせるデザインがエッチな妄想を一段と掻き立てられるのではないかと思われます。

オペレーター風に関しても、普段は電話越しでしかイメージができないコスチュームを目の当たりにできるというのは、妄想が現実へと変わる最高のシチュエーションではないでしょうか。こういったコスチューム選び一つでプレイ内容も大いに変わってくるということも、イメクラで遊ぶ最高の醍醐味でもあります。次に、アクセサリーなどの小物系もプレイを最大限に演出できる大きなポイントとなってきます。ネックレスやピアスなどのアクセサリーは、付けたままのプレイとなればその場の勢いでのプレイという妄想に十分な演出となります。逆に、女性から外させることで痴女に近い攻められるプレイというのも楽しめるはずです。
他には、メガネというのも小物系の代表格ではないでしょうか。
メガネが持つアイテムとしての魅力を描くのにも抜かりはなく、メガネ越しに見上げる上目遣いや小首を傾げながらメガネを持ち上げる仕草、髪を掻きあげるようにツルを指で持ち上げる仕草など、メガネに関する仕草の一挙手一投足にメガネ愛が感じられるものなのです。
後、ストッキングも最大限に楽しめる小物系の一つとなります。
たとえば、黒のストッキングというのは足を美しく、さらにエロくも見えるストッキングの一つといえます。
ベージュという色は秘書やOLに関しては王道の色でもあります。
リアルを追求した人には持って来いの色ではないでしょうか。
最後に、網タイツというのも決してなくはありません。
ただただエロさだけを求めている人にとって、この網タイツというのは最高のアイテムの一つとなるのではないでしょうか。

コスチューム

ここ最近、風営法の改正から店舗型、いわゆる箱型の風俗店がかなり激減してきています。ですが、ソープランドと同様に未だ人気を誇る風俗店に「イメクラ」というものがあるのです。このイメクラという業種の醍醐味は、何といっても自分の空想の中で女性とエッチなことが楽しめるということが大前提となってきます。たとえば、「学校の中で思いを寄せている女性と教室でのエッチな行為」、「普段は絶対にできない電車の中での痴漢行為」、「入院中にナースとのエッチな行為」などなど、自分の頭の中にある空想がそのまま具現化できる夢のようなお店となっているのです。その中に、いつもそばで自分のお仕事をサポートしてくれる「秘書系」のコスプレが人気の一つとなっています。自分が社長となり、社長室での二人きりのエッチなプレイに憧れる男性も少なくはないはずです。

そもそも、会社の社長というのはそう簡単になれるものでもありませんので、頭の中の空想は膨らむばかりです。それと、秘書系のイメクラ店の醍醐味は女性が着ているコスチュームではないでしょうか。秘書系が着ている衣装のイメージというのは十人十色でもあり、人によっては様々な印象を持っているはずです。たとえば、仕事ができる女性の象徴に近いビシッと着こなすスーツあたりが代表的なものではないかと思われます。(衣装参考:五反田イメクラ CLAUDIA
簡単に言いますと、経営コンサルタント風といったイメージがほど近いのではないでしょうか。会社経営や管理の技術などについて指導や助言をすることを主に仕事とするような、少しお堅いコスチュームは秘書系のイメクラで遊ぶ醍醐味の一つともなっているのです。インテリ的なプレイにハマる人も少なくはないはずです。後、丸の内で働くOL風のコスチュームも人気の一つとなります。

やはり、丸の内で見かけるOLさんというのは誰でも憧れを抱いているものです。
就活とはまた違った感じのスーツで、高層ビルの一室でエッチなプレイを妄想する男性にとっては人気の高いコスチュームの一つとなっています。
丸の内とは対照的に、少しカジュアルに近い恵比寿あたりで見かけるOL風のコスチュームもいいかもしれません。
恵比寿ガーデンプレイスやアトレあたりで働くOLさんのイメージが強いといっていいでしょう。
後、女子アナ風のコスチュームも秘書系を連想させるコスチュームではないでしょうか。
時には秘書として妄想し、時には本当の女子アナとエッチなプレイをしていると妄想ができれば二度おいしいプレイが楽しめるはずです。
秘書系のコスチュームはやはりスーツ系が代表格となりますが、固い感じからカジュアルな感じまで、そのときの気持ち次第で自由に選べるのも秘書系の楽しみ方の一つではないかと思われます。